1. HOME
  2. 化合物評価
  3. 細胞株パネルを用いた化合物の作用機作の評価

細胞株パネルを用いた化合物の作用機作の評価

(担当:旦 慎吾)

本系は、機能未知の生理活性物質のうち、細胞増殖を起こすものの作用機作推定に有用かつ実績のある評価系である。種々のがん由来の細胞株(肺がん7系、胃がん6系、大腸がん5系、卵巣がん5系、脳腫瘍6系、乳がん5系、腎がん2系、前立腺がん2系およびメラノーマ1系の39系、JFCR39パネル)に対し、被験化合物が増殖抑制を起こす濃度を各々測定し、その有効濃度の違いをフィンガープリントとして表す。これまでに、作用メカニズムが既知の種々の生理活性物質のフィンガープリントを測定し解析した結果、作用機作が共通な薬剤は互いに類似したフィンガープリントを示すことを明らかにしている。本系では、この性質を利用して、機能未知の化合物のフィンガープリントを測定し、およそ200種類のレファレンス化合物のフィンガープリントとの類似性を検討することで、被験化合物の作用機作の推定を行うことが可能である。また、本系はセル(細胞)ベースのアッセイであり、セルフリーのスクリーニング系で見出された新規分子標的薬の標的特異性評価(オンターゲット・オフターゲット)にも有用である。

【方法】

JFCR39パネルの各細胞株を96ウェルプレートにまき込み、翌日被験化合物の希釈系列(通常、最終濃度10-8?10-4mol/L)を添加する。2日間培養後、細胞増殖をスルホローダミンBによる比色定量で測定する。各細胞株の用量反応曲線から細胞増殖を50%に抑制する濃度を算出し、39系の平均薬剤有効濃度に対する個々の細胞株の有効濃度偏差を求め、フィンガープリントとして表示する。

【化合物の評価】

被験化合物のフィンガープリントを、これまで測定しデータベース化したおよそ200種類の標準物質のフィンガープリントと比較することにより、作用機作の推定あるいは作用機作の新規性の評価を行う。

【欲しい情報】

細胞増殖阻害濃度およびそのときの薬剤接触時間

【参考文献】

  1. 矢守隆夫. がん細胞パネルによる化合物評価とその分子標的スクリーニングにおける役割. 癌と化学療法31, 485-90. (2004)
  2. スクリーニング成績・第9報, 癌と化学療法29 Suppl II. (2002)
  3. Yamori, T. Panel of human cancer cell lines provides valuable database for drug discovery and bioinformatics. Cancer Chemother Pharmacol 52 Suppl 1, S74-79. (2003)
  4. Yaguchi, S., Fukui, Y., Koshimizu, I., Yoshimi, H., Matsuno, T., Gouda, H., Hirono, S., Yamazaki, K., Yamori, T. Antitumor activity of ZSTK474, a new phosphatidylinositol 3-kinase inhibitor, J Natl Cancer Inst 98, 545-556. (2006)

先端動物支援プラットフォームサイトに戻る